モービルマッピングで可能なことや活用場面

モービルマッピングとは、車載型の移動式高精度3次元計測システムのことです。

モービルマッピングは、GPSやレーザースキャナー、およびカメラなどの機器搭載した車輌を走行させることで行われます。

これにより、建物や道路の形状だけでなく、標識やガードレール、路面文字やマンホールなどの細かな道路周辺の3次元位置情報を高精度で効率的に収集することを可能にしています。

現在、航空写真測量や航空レーザー測量の技術精度の向上が目覚ましく、広範囲な三次元地形測量ができるようになっており、基盤地図情報や地震直後の地すべりなどの状況把握に活用されています。

しかし、高架下やトンネル内部は空から測量できず、高速で計測しているという特性上、計測密度が低いという問題を抱えています。また、トータルステーションを用いた測量は、複数の作業場所に計測装置の設置を繰り返し行う必要があるため時間がかかり、状況によっては作業者に危険が及んでしまう可能性もあります。一方、モービルマッピングシステムの場合、車輌の通行が可能な場所であれば高架下やトンネル内などの測量も可能です。

また、航空写真測量を行うケースと比較して、低速での情報収集ができることから高精度な3次元情報を得ることができます。そして、作業者は車輌の中から業務を行えるため、危険な場所での道路維持管理業務の効率化がはかれます。

さらに、道路の占有時間の軽減にもつながります。モービルマッピングは、道路台帳や地形図の作成だけでなく、3次元道路データの整備や災害対策などの場でも活用されています。現在では、自動車の自動走行や運転支援のために必要なデータの抽出、および作成などの分野でも注目されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です