地形情報を詳細に取得するモービルマッピング

現代社会において地形情報は様々な面で有効に活用される非常に重要な情報です。

海抜からの高低差や傾斜などは従来は実際に測定をしないとわからないものでしたが、この情報を事前に知ることにより様々な開発などに大きな影響を及ぼします。

さらに最近では様々な自然災害も多く、この自然災害を事前に予知し、適切な対策を作成しておく事は被害を最小限に食い止めるためにも非常に有効な情報となります。

従来はこのような地形情報は航空機による上空からの撮影や実際に人出で地道に測量しての撮影などが行われていました。

しかし航空機からの撮影では詳細な部分については測定が不可能であり、人出で地道に測定する方法は時間と労力がかかりすぎなかなかその成果が得られないものとなっていました。

モービルマッピングは車両を使い走行しながらその地形を詳細に測定する方法で、迅速に正確な情報を測定することができるほか、その測定情報をリアルタイムで集計装置に送信することもでき、非常に効率的な測定が可能になります。

そのためその情報を利用した様々な対応が迅速にできると言う利点を持っています。

モービルマッピングは電子データで複雑な地形情報を集計し適切なデータとして保管するので、様々なアプリケーションにも応用ができます。

事前に地形を詳細に確認できることで、様々な災害に対する対策やその後の災害の被害の予想など、様々な公共的な活動に対して非常に応用範囲が広いため、モービルマッピングは今後の地形測定の主流となる方式として期待されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です