モービルマッピングが詳細な3Dマップを実現する

モービルマッピングとは、移動式高精度3次元計測システムとも言われ、自動車の屋根の上に360度の全周囲カメラ、GPS、レーザースキャナーなどを搭載し、走行しながら3Dデータを収録できるシステムです。

レーザースキャナーは、短距離用と長距離用の二つを用意することで、物体の奥行きを、より詳細に判定することができます。

GPSとの連携により、緯度、軽度をリアルタイムで計測し、確実な位置情報が算出されます。それらのデータと、カメラで収録した映像を組み合わせることで、高精度の3Dマップが完成します。

従来の方法で道路のデータを収録しようとした場合は、交通規制をかけ、道路を長時間貸し切って占有する以外に方法は無く、交通事情によっては、データの収録そのものを、計画の段階から断念せざるを得ない状況がありました。

その後、モービルマッピングの登場により、通常の交通法規を遵守した状態で走行するだけで、データの収録が可能となり、そのデータを必要とする分野のテクノロジーが、ここ数年で飛躍的に向上し、不可能を可能にしました。

モービルマッピングで収録された膨大なデータは、道路の経路だけではなく、周辺にどのような建物などが存在しているのかを含めた、道路空間情報であることが、大きな特長です。

それらのデータは、主に、いくつものオンラインマップに3Dマップデータとして提供されたり、道路の状況を把握し、都市計画のための貴重な資料として利用されるなど、我々の暮らしを豊かにするための、さまざまな分野に応用されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です