MMSの生い立ちと特性

携帯に電話を使用してメールを送信する際に、ショートメールを使用していると言う人は多いと思いますが、ショートメールはテキストしか送れず、かつ一度に送ることのできる文字数も非常に少ないため不便さを感じると言う人も多いと思います。

最近では携帯電話にインターネット接続機能を有しているものが非常に増えており、
大きな容量や画像や音声等を送信する場合にはこちらを使う方が良いと考える人も多いのですが、
インターネットメールの場合には相手のメールアドレスが分からないと送信ができないため、ショートメールを利用していると言う人も少なくありません。

MMSは少ない文字数しか送れず、
かつ音声や画像を添付することはできないと言うショートメールの欠点を払拭するために開発された送受信方法で、その原型としては日本ではi-modeによるメール送受信が有名です。

しかしi-mode独自の企画であったため他社の携帯電話とは通信ができず、さらに音声等は添付できないと言う問題もあったため、その普及が妨げられてきました。

MMSは世界的な携帯電話に受けるメッセージシステムで世界的な携帯電話におけるメッセージシステムで、
電話番号で音声やデータを添付してメールの送受信ができるほか、インターネットのメールアドレスを送信先に指定することでインターネットメールとの接続も可能となる画期的な仕組みです。

最近ではインターネットの接続機能を持つ携帯電話を非常に増えているため、MMSを使用する機会は非常に少ないものですが、電話番号による大容量の通信を簡単に実現できる上、インターネットに来るのでその送受信の仕組みが非常に簡単であることから、携帯電話で効率的に通信を行いたい人には非常に便利な機能として広く利用されています携帯電話で効率的に通信を行いたい人には非常に便利な機能として広く利用されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です