過疎地の医療にドクターヘリ-は欠かせません

ドクターヘリ-の存在は、特に過疎地の医療にとっては欠かせない存在です。

過疎地の場合、急病の患者さんが発生したとしても、適切な医療を近場で行える病院が少なく、救急車で数十分かけて都市部の病院に行かなければならないことが、数多くありました。

救急車の中では応急処置はできても、本格的な治療や手術はできませんので、搬送中に容態が急変してしまうという事も、数多くありました。

しかし、ドクターヘリ-があれば、過疎地から都市部の病院へ搬送する時間は、大幅に短縮されます。ドクターヘリ-は時速200キロメートルで飛び、渋滞にも影響されません。

そして、直線的に病院に搬送できるので、他の都道府県の病院への搬送も、容易になります。

また、過疎地にはヘリコプターが着陸できるような、広い土地が多く存在するので、ヘリコプターの着地地点まで車で患者さんを輸送し、そこからドクターヘリ-で病院に搬送するということができます。

短時間での輸送が可能なので、患者さんの生存率は高くなり、救急車を長時間運転しなくてはいけないこともなくなるので、運転手や医者の負担も軽くなります。高速道路など、事故が多発する道路も避けることができますので、救急車の事故もなくなります。

ドクターヘリ-の存在により、過疎地で急病になっても生存する確率が高くなり、十分な医療を受けることができます。これで、都市部と農村地の医療格差がなくなり、ひいては人口格差の減少に役立つ可能性もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です