ヘリコプターのレンタルと操縦士について

ヘリコプターのレンタルを利用する時には操縦は誰が行うのか疑問に感じる人は多いのではないでしょうか。

カーレンタカーなどの場合は運転免許を持つ人が借りる事になるため、レンタカーの申し込み時には自動車の普通免許証の提示が必要不可欠です。ヘリコプターの場合も、レンタルする時には操縦士の資格を持つ人が受付を済ませなければならないなどのイメージを持つケースもあるのではないでしょうか。

勿論、免許を持っている人であれば機体だけを借りて、様々な場所への遊覧飛行も可能になるわけですが、一般的にヘリのレンタルは操縦士がセットになっているため、資格を持たない人でも利用する事は可能です。

垂直方向に離陸や着陸を行うなどからも、ビルの屋上にあるヘリポートを使えば搭乗が可能になりますし、地方などの場合は、広場などを利用して離陸や着陸が出来るのもヘリコプターの魅力と言えましょう。飛行機の場合には滑走路を持つ場所でなければ離陸及び着陸は不可能などからも、緊急時に利用する企業もゼロではありません。

普通の人が利用する機会もそれほど多いとは言えませんが、大切な人との記念日、プロポーズの時などにレンタルを利用するケースが多いのではないでしょうか。家族旅行で北海道や沖縄などに出掛けた時、上空から眺める景色は格別なものなどからも一度はヘリコプターを使った遊覧飛行を楽しみたいと考えている人も多いと言えましょう。

ちなみに、遊覧飛行の場合にも操縦士が案内をしてくれるので安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です