ジェット機のパイロットが子供の夢の職業ではなくなる

ジェット機のパイロットが子供の夢の職業ではなくなりそうです。

理由はこの仕事が無くなってしまうことが考えられるからです。実は今のジェット機のパイロットはほとんど操縦はしていません。自動運転がかなりの作業をしていて、主なジェット機のパイロットの仕事は機器のチェックといってもいい状態です。

機械が正常に動作していることの確認作業が主な仕事になっていて、後は定期的な交信が仕事といってもいいかもしれません。そして、最近になって人工知能というとんでもない知恵を持ったコンピューターが開発されるようになったので、これらのチェックも全てコンピューターが出来るという事になってきたわけです。

そのため、ジェット機からパイロットがいなくなるということが近いうちに実現することになりそうです。それもそんなに遠い未来ではないでしょう。パイロットがいないという事は、テロなどのことを考えても安全性は飛躍的に高くなります。

人とコンピューターとどちらがミスをしやすいかというと、圧倒的に人ですし、脅迫されたりして人の思い通りに動かされたりするようなこともあったりするのが人です。ですが、コンピューターが自動的に全てをするようになると、ジェット機を乗っ取っても何の意味もありません。

自分で操縦することも、コンピューターに命令を聞かせることも出来ないわけで、こうなるとテロの意味もありませんから、そうした危険性も無くなることが考えられます。ただ、子供の夢の仕事ではなくなるところが残念かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です