航空機撮影に最適なカメラとレンズについて

飛行場に行くと色々な旅客機を見る事が出来る、離発着を見ているだけでも飽きないと感じる人も多いのではないでしょうか。

国際空港などの場合は各国の旅客機が数分毎に離発着するので、飛行機が好きな人にとっては魅力的な存在と言えましょう。また、飛行場の中には旅客機ではない貨物専用の航空機を見る事が出来る場所もあります。ちなみに、日本は航空機のパーツのシェアー率が高い国なのです。

飛行機の巨大なパーツを航空機の中にすっぽりと入れた形で組み立てを行う海外に輸出する、飛行機を積み込む事が出来る飛行機が存在していると言います。滅多に見る事が出来ないなどからも、カメラで撮影したいと考えるマニアの人も多くいるのですが、こうした人々が撮影に使うカメラはデジタル一眼レフと200ミリ前後の望遠レンです。

中には400ミリなどの超望遠レンズをカメラに取り付け撮影を行う人も少なくありません。望遠レンズの中でも400ミリを超えたものなどは重量もかなりのものとなるなどからも、レンズ専用の三脚が必要になります。

一般的に三脚はカメラの底にあるネジ穴に三脚のネジを固定するものですが、超望遠レンズなどの場合はカメラではなくレンズ側に三脚を取り付けるのです。こうして撮影を行えば手ぶらはまったく起きる事なくシャッターを切れます。

ちなみに、プロ野球などの球場内で撮影を行うプロも超望遠レンズと三脚を使用して試合の中でのシャッターチャンスを狙っているのです。

航空機の撮影カメラについてはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です