航空機を撮影する時最適なカメラについて

航空機を撮影する時、どのようなカメラが良いのか迷う人は多いのではないでしょうか。

現代のカメラはデジカメなどと呼ぶもので、アナログ式の写真機は姿を消しつつあります。しかし、一眼レフについてはアナログ式もデジタル式も健在であり、フィルムを使うならアナログ式、データとして保存するならデジタル式などのように使い分けも出来るメリットを持っています。

デジタル一眼レフ、アナログ式一眼レフなどは航空機撮影に最適と言えましょう。アナログ式の場合にはオートモードとマニュアルモードの切り替えを行う事でオリジナルの1枚を収める事が出来ます。

デジタル式一眼レフの場合はすべてを自動化、レンズのフォーカスも自動などの特徴があるため、手振れなどに注意を行えば誰もが簡単に航空機の撮影が出来ます。デジタル一眼レフやアナログ一眼レフのメリットは豊富なレンズ群がある事です。

レンズは大きく分けると広角、標準、そして望遠の3種類に分ける事が出来ます。飛行場などで撮影する時などは航空機までの距離が遠くなる関係からも、望遠レンズを用意しておくと便利です。望遠レンズの中でも200ミリや300ミリの焦点距離を持つものを用意し、飛行場の展望台から三脚にカメラを固定してシャッターチャンスを待ちましょう。

また、飛行場近くの海などのように、飛行機が真上を通過するような場所では広角レンズを使えば航空機全体をフレームに収める事が出来ます。後はシャッターを押すタイミングを考慮すれば迫力ある写真撮影が出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です